IIEF5アンケート調査

勃起不全に伴う疾患の代表的なものは、高血圧、糖尿病、高脂血症、前立腺肥大症、うつ病などがあります。

勃起不全の患者を対象にIIEF5アンケート調査と、勃起不全治療の満足度と治療の安全性および伴う疾患に対して評価をしたことがあります。

韓国ではバルデナフィルつまり、レビトラの処方を2ヶ月間受けた20歳以上の勃起不全の患者380人を対象に薬物投入後、その結果を発表しました。ED患者の状態は、患者の約50%が軽症、約30%は重症、残りは深刻な勃起不全疾患を患っていました。患者の中にはシルデナフィルとタダラフィルというed薬を服用していたことがある人もいたそうです。

結果を見ると81%が勃起能力が改善され、90%がIIEF5の点数が2点以上改善され、78%がバルデナフィル薬のED治療効果に満足していると答えたそうです。その理由は、しっかりとした勃起すなわち剛直度、投薬後に感じる安全性、薬の効果の迅速な影響、すなわち即効性が満足している理由だったそうです。

また、他の種類のPDE-5阻害剤と比較してED薬の人気度も調べたところ、レビトラはバイアグラと共同で人気度1位に上がり、報告された副作用はバイアグラよりも低かったです。一方、シアリスは若干の差で人気度2位にとどまりました。

約7%の患者がバルデナフィル服用中に軽い異常反応を見せましたが、顔面紅潮、頭痛、胃腸障害、色覚障害などの副作用があったそうです。その他の重大な副作用はありませんでした。

勃起力の増進についても調査がありましたが、服用者が非喫煙者である場合、基礎疾患がない場合にはバルデナフィルを服用すると勃起力の増進に良い影響を与えるという調査結果がでました。年齢や肥満の有無、初期投与薬の容量、軽い飲酒、運動、学歴などの要素は、勃起力の増進に大きな影響を及ぼさないことが分かりました。

今回の調査結果は、勃起不全は最近では非常に一般的な健康問題であるため、レビトラについての有効性と安全性に関する内容を熟知していることが重要であることを示唆しています。

ちなみに、国際勃起機能スコアIIEF5は勃起と全体的な性的満足度などの領域について、15項目の質問で構成されたIIEFを5つの項目に減らした勃起機能を採点する表です。