強力なライバル

バイアグラの強力なライバルであるレビトラが心臓拍動障害と関連がないことが判明し、アメリカですぐに承認を受けることになるだろうと言われています。

ドイツのバイエル社とイギリスのグラクソ・スミスクラインが共同で発売するオレンジ色の錠剤のレビトラは、勃起不全治療薬市場でファイザー社の青色の錠剤のバイアグラと販売競争を繰り広げることになるだろうと言われています。

レビトラはアメリカに先立ち、ヨーロッパでまず市販されました。アメリカではFDAの承認を受けるためにはQT延長に対するこの薬の影響について、より多くの情報が要求されるということを明らかにした。QT延長がされると、QT延長症候群を患っている先天性のQT延長患者が危険で異常な心臓拍動により死に至ることがあると言われています。服用者の心電図測定をすると、薬の中にはQT延長に問題を発生させるものもあります。これは致命的な心臓拍動に関連するため医薬品市場から撤退することにもなると言われています。QT延長になるということは心臓拍動が不規則になり、これにより心臓麻痺などが発生する可能性があるということを意味します。 しかし、FDAの外部諮問委員のほとんどは、レビトラは患者に悪影響になることがあるQT延長と臨床的に関係がないとFDAに助言したそうです。

バイアグラは、心臓に問題がある患者が服用すると心臓が停止することがあるため、併用を禁止する薬の案内文を添えなければならず、また、心臓関連の医師に相談をしてから薬の服用を決定しなければならないという過程がありますが、レビトラは心臓に関連する問題を発生させないということをFDAから承認されているため、このような部分でより安定性が立証されたED薬と言えるでしょう。

年間売上高が20億ドルに達するバイアグラはライバル製品であるレビトラがed薬の販売市場に参入すると、販売量の増加速度が緩やかになることがあると評価されています。