薬事法によると、海外の薬の購入は違法ではない

話題になっている海外医薬品の購入は違法ではありません。合法的にインターネットサイトを利用して、薬を買うことができます。日本の厚生労働省の薬事法によると、個人が使用する目的で薬を輸入することができると明示されており、これは輸入代行会社に依頼することが可能だということです。輸入対象の医薬品には、国内での承認が許可されていない薬も含まれています。

ただし輸入可能限度数量は2ヶ月間の使用分までで、輸入自身が使用しなければいけないため他の人に譲渡したり、販売したりしてはいけません。この点を順守して購入し使用すれば問題はないでしょう。

医薬品の個人輸入は文字通り個人が海外の薬を輸入することだが、その手順は初めてする方には難しいかもしれない。最近ではそれを支援する会社が人気で、それを個人輸入代行という。

海外の医薬品個人輸入代行会社が運営するインターネットショッピングサイトを利用すると、いつでも誰でも簡単に個人輸入が可能です。英語やその他の外国語を知らなくても、輸入代行会社に依頼した薬を家まで配達してくれる。 レビトラを購入するか、またはシアリスを購入するか、輸入過程や配送過程は全く同じだ。

ネットには多くの薬の通販会社が営業しています。このような会社の中には違法的に偽ED薬を販売しているところもあります。このような企業に注意する方法として、価格をチェックする方法があります。薬の価格があまりにも安い場合は一度疑ってみる必要があります。バイアグラなどのED薬は、安い薬ではありません。また、発送国をチェックする必要もあります。偽造医薬品が容易に流通される中国や東南アジアなどで出荷される医薬品であれば、一度疑ってみる必要があります。サイトに正規品保証というフレーズがあるか確認してみましょう。電話対応をしているかどうかもチェックポイントです。

最も重要なことは、発送元がどの国かどうかです。たとえばアメリカなどの先進国から輸入される医薬品は、短すぎない配送期間(1週間)を含む配送過程、信頼できる代金引換を含む支払方法、高品質の商品など購入の過程で信頼できる部分が多くあります。さらにトップクラスの運送会社を利用し、通関業務も透明性のある代行をしてくれます。

購入した人のクチコミをリストにしたサイトもあります。ED薬はプライバシーを尊重しなければならない商品のため、口コミ情報がないからといってサイトを信じることができないわけではありません。

レビトラなどED薬を買う際に、サイトによってはお届け先を郵便局留めにも指定できます。